ホーム » 戸建 » マンション暮らしから2世代住宅へ

マンション暮らしから2世代住宅へ

転勤族だった自分がやっと腰を落ち着けたのが、神奈川県。
「もうここで落ち着くか。」と思い、購入したのが、
中古マンションでした。

中古とはいえ、地区年数も10年足らずでリフォームされていたので、
新しいマンションと遜色ない感じで住み始めたのです。

しかし、最近は、実家の両親との同居話も出てきました。
仕事の関係や子供達の成長を考えると、将来的にも実家に
帰ることは考えていません。実家を売却して、神奈川県に
移り住むことになりそうです。

この時に考えたのが、2世代住宅。
神奈川県でも比較的に敷地の広い地区があるために、2世代住宅を
建てるということも、不可能ではありません。

しかし、一戸建てとは言っても、建売りではなく、建築業者とどんな
住いにするのかを打ち合わせながら、進めていくことになります、
一度、仕事を通じて建築業者を紹介してもらったのですが、すぐに
相談したところ、かなりの実績も持っている業者で、こちらの要望を
リアリングして、色々な提案をもらいました。

本格的な取り組みはこれからなのですが、経験値が高い業者だと、
とても分かりやすく対応してくれるので、注文住宅を考えるなら、
業者の選択も重要になってくると思います。